菅原内科医院

診療のご案内

【予約について】

診察
診察時間の予約は行っていません。
検査
胃カメラ・胃透視・大腸検査のみ予約が必要です。
胃カメラ・胃透視は電話予約も出来ます。 (TEL:092-541-5494)
大腸検査は一度来院されてからの予約になります。
その他の検査(血液検査、尿検査、レントゲン、エコー検査、ピロリ菌検査、骨塩定量検査、
抗体検査など)は事前の予約は必要ありません。

福岡市の健診(よかドック・大腸がん健診・胃癌健診)も当院で受けることが出来ます。
ワクチン予防接種
インフルエンザワクチン(冬季のみ)は予約が必要ありません。
その他のワクチンは電話予約が必要になります。 (TEL:092-541-5494)

【診療内容】

呼吸器
最近福岡ではPM2.5や黄砂の影響で長引く咳に困っている患者さんが多くみられます。
気管支炎や咳喘息、慢性鼻炎による後鼻漏による咳、逆流性食道炎の酸症状による咳など、様々な原因の可能性が考えられます。
逆流性食道炎の有無の検索で食道内視鏡検査や、喘息の検査で胸部レントゲン・スパイログラム検査やアレルギーの原因となる抗原の血液検査などを実施し、的確に治療をしております。

当院ではデジタルレントゲンを導入しており、拡大観察可能のため、肺の微小な病変も見つけることが可能です。
内分泌代謝
【甲状腺】
甲状腺機能亢進症や低下症は、診断が遅れると眼球突出や肝機能異常、脱毛・浮腫など様々な 症状が出ます。コレステロール異常で薬を内服している患者さんが、実はその影に甲状腺異常が 隠れている場合もあります。頚部エコーや血液検査で簡単に判りますので、ご相談ください。

【糖尿病】
糖尿病は、最近食後過血糖で、空腹時血糖が正常なのにヘモグロビンA1cが異常の場合があり、 遺伝的な素因を持っている方はヘモグロビンA1c検査までお薦めします。治療薬も、年々開発が 進み、低血糖にならない薬や食後の血糖だけを下げるもの、体重が減少する薬なども出ており、 その患者さんに合った処方を致します。
消化器
【肝臓】
慢性肝炎の原因はB型やC型ウィルス以外にも、原発性胆汁性肝硬変(PBC)やアルコール性 肝障害、非アルコール性肝障害(NASH)など、様々あります。
B型慢性肝炎に対して、抗ウィルス治療・定期的な採血・エコー検査を実施しております。
C型慢性肝炎に対して、インターフェロン治療を含めて点滴・内服治療及び定期的なエコー 検査を実施しております。インターフェロンによる様々な副作用が出現した場合、経験の豊富 な当院にて最後まで治療を全うできるようにお手伝い致します。

【すい臓・胆嚢】
アルコール性肝障害と思われる肝機能異常の中に、胆石や胆管細胞癌が原因による場合があり、 一度エコー検査をする必要があります。また、膵頭部癌が見つかることもあり、早期発見・早期 治療に努めましょう。当院では、最新の超音波機器を導入し、久留米大学で培ったエコー技術を 駆使し、微小癌の発見に努力します。
【大腸】
最近増加する潰瘍性大腸炎の治療も当院で実施しており、内視鏡にて治療の経過を観察しており ます。また福岡市の大腸癌検診にて二次検査の必要がある場合当院で検査可能です。
2015年より、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療にあたり、難病指定医による治療のみ補助金が 適応されます。当院は指定医療機関・指定医療医として認定されています。
漢方
漢方は2種類以上の複数の生薬を組み合わせたものがほとんどです。2000年以上の歴史を経て、 複数の処方が試みられ、現在では優れた処方のみが残されています。
また、それぞれの生薬が複合されて処方されることにより、漢方薬は薬効成分以外のものも含ま れるため、ひとつの処方がひとつの症状だけでなく、他の不調にも効果をもたらすことが多くあ ります。そのため、全体的な体調の改善に繋げることが出来ます。

はざま医療と言って、西洋薬では治らない症状も漢方薬では劇的に治ることがあり、最近世界的 にも脚光を浴びています。
当院でも保険適応の漢方を、患者さんの症状や体質に合わせ、処方しています。風邪などの急性 期の病気から、慢性の病気まで、様々な病気に対して漢方を取り扱っています。
お気軽にご相談ください。
保険外診療
保険外診療

診察時間・交通案内