菅原内科医院

院内紹介

診察において、日々一番気をつけていることは、
患者さんの症状から疾患を見落とさないことです。

患者さんは病名を伝えにくるのではなく、今起こっている症状を抱えて来院され、
それを医師に伝えます。そこで医師がどんな判断をするかによって、その患者さんの
回復までの時間や時には人生、QOL(クオリティーオブライフ)さえ変わってしまう可能性があります。

疾患を見落とさず、できるだけ最短で治す!というのを日々ポリシーに診療を行っています。

  • 【外観】
    当院の外観です。
    外壁がアフリカから取り寄せた石で、 何箇所か化石が見られます。
    探してみてください。
    駐車場と駐輪場のスペースも設けて います。
  • 【待合室】
    広々とした吹き抜けの空間からは緑が見え、誰もが落ち着けるようにと配慮しています。
  • 【処置室】
    点滴ベッド7台と、感染症の患者さまのための個室の点滴室があります。
  • 【診察室】
    当院の診察室です。患者さまにリラックスしていただけるよう心がけております。
    胸部レントゲン撮影がデジタルで撮影後数分で確認できます。
  • 【リハビリ機器】
    遠赤外線・中赤外線をバランス良く照射し、疾患に合わせた治療が出来ます。
  • 【超音波検査室】
    腹部の臓器(肝臓・胆嚢・膵臓など)、 もしくは頸部(甲状腺やリンパ腺)の画像検査にて、 5mm大の腫瘍が発見できます。
  • 【レントゲン室】
    腹部・胸部レントゲンの撮影、 及び胃・大腸の透視検査が可能です。 デジタル画像送信により被ばくを最小限に抑え、 短時間で画像の確認ができます。
    【内視鏡検査室】
    食道・胃・大腸の画像診断(レーザー内視鏡) 食道と胃は、細径内視鏡を使用し、 大腸は、痛みの少ない軟内視鏡を使用。
  • 【院内廊下】
    院長の撮影した写真を展示中です。 定期的に入れ替えています。 古い写真は患者さんに差し上げています。

診察時間・交通案内